点数が上がらない人は〇〇を理解してなかったのかも。

こんにちは、はっちです♪
>>詳しいプロフィール



VR卓球で通信状態が悪い相手に当たり、無条件に世界ランキングを下げられた哀れな男
「はっち」こと「VR卓球 実験体番号0001」です。

こっちはガチ勢だぞ!

通信状態を整えてから出直してこいって!


ちなみに「リアル卓球」はほとんどしたことがありませんけどね(笑)

ある生徒の悩み

先日、ある生徒からこんな質問を受けました。


ワーク(問題集)を3週もやるってすごいですよね☆

こういった子は必ず伸びます!



でも、
今回は思ったような結果が出ませんでした。



どうすればいいのでしょうか?



ボクのアンサーはこれです!

「勉強のやり方」と「〇〇」を理解しないとダメ


相談してくれた子、勉強のやり方は正しいです。

ワークを3回以上やっています。


3回ってのは一つの区切りです。

3回やると定着率が急に上がるんですよ。
これに関して、根拠はわかりませんが経験的にそう思います。




で、話を戻すと
今回の勉強に対して「やり方」は間違っていません。

でも
足りないものがあるとすれば


「本質」の理解




だと思います。




「本質」ってシンプルです。


本質=最も大事なこと。


勉強で言えば、

「できているかどうか?」

この「できる」ということにすべてが詰まっています。



だから、

どれだけワークをやっても

真面目に授業を受けても

長時間勉強しても


「できる」ようになってなければ点数は取れません。


これが「勉強の本質」です。


勉強で言えば、わかりにくいので他の例を挙げてみますね♪






例えば、「掃除」
学校の掃除の時間を思い出してください。


Aくんは「モップをかけている」

床を磨いているけど、多少汚れていてもお構いなし。


とりあえずモップを終わらせれば文句は言われないでしょ。




Bくんも同じくモップをかけています。

でも、汚れを見つけたら、そこを念入りにゴシゴシ!

汚れが取れたら、先に進んでいく。





イメージできましたか?

ぶっちゃけ、
学校の掃除なんて、みんなAくんのようにやっていませんか?
(あ、ボクだけかもしれない(ノ_<) )

AくんとBくん、
どちらがキレイになっているでしょうか?

モップの使い方なんて誰がやっても大して変わりませんよね?


でも、
Bくんの方がキレイになっているはず。

「掃除の本質」は

汚れをなくして、キレイにすること




そして、
モップをかけることは「キレイにするための手段」です。



Aくんは「モップをかけること」を考えていたのに対して、Bくんは「汚れを落とすこと」を意識していました。

この差です。


やり方は同じでも、考え方が違っていたらうまくいきません。



勉強も同じです。


勉強のやり方は正しくても、


「勉強の本質」

「できる」になっているか



これを外していると点数は上がりません。


本質って大事ですよ☆



『本質が大事』ってわかりましたけど、どうやって勉強すればいいかわかりません。



って言う人は、こちらをチェックしてみてくださいね。

本質を組み込みつつ、勉強のやり方を解説しています。



▼▼▼▼「もっと勉強法を知りたい」という方はこちら▼▼▼

じゃ、ばいやい☆