やりたいことをやる意味 世界一周旅行記2 ホイアン編


こんにちは、はっちです♪
>>詳しいプロフィール

世界一周をしたボクの挑戦と心の旅物語。

第2話スタート!

ハノイの朝

無事にベトナムのハノイに着いたボクはようやく一息ついた。

さて、今日はベトナムのもう一つの都市ダナンに行く予定。
そこからホイアンに向けて出発する。

その前に散歩と腹ごしらえ。

近くの湖を散歩して、

ベトナムコーヒーを飲む。

このベトナムコーヒーってやつはミルクの代わりに練乳が入っているから、めちゃくちゃ甘い。

しか〜し、甘さにおいては限界知らずのボクはこの甘さが大好き💖

ぶっちゃけ、練乳100%でも飲める(笑)
※はっちはカルピスを原液で飲めます。良い子は真似しないでね。

ハノイのバインミーといえばここ!

『BANH MI 25』
美味しいので評判のお店。

でも、ボクが行った時間はまだ準備中でやっていなかった。


しかたがないので、ぶらぶらと散歩して帰る。

出発前にまだ時間があったので、みんなで昼食を食べる。

ホテルの近くのお店で『ブンチャー』を食す。

ブンチャーって簡単にいえば、ベトナム風つけ麺。

ハノイ発祥で有名なフォーと比べると甘酸っぱくて食欲をそそる。
つけダレに入っている豚肉も美味しくて、なかなかの一品!

ハノイに来たならフォーもいいけど、ブンチャーも食べてみて。

ハノイからダナン&ホイアン

ボクらは飛行機に乗って、ベトナム真ん中の都市ダナンへ。

ベトナムは縦長の国で、日本とほぼ同じ長さ。

北の都市ハノイ、真ん中のダナン、南の都市ホーチミンが主要都市。


今、ボクらは真ん中のダナンに着いた。
そして、そこからしばらく進んだところにある『ホイアン』を目指す。




ホイアンには何があるのかというと、

これ

めちゃくちゃキレイなランタンの街。

ここで2日ほど滞在する。

ホイアンの有名なものは「来遠橋」。

別名「日本橋」と言われる橋。

日本が朱印船貿易をしているころ、ここが日本との中継町になっていた。
だから、当時は多くの日本人が住んでいたらしい。

そのせいか、ランタンに彩られた街並みはどこか日本の夏祭りを思い出せてくれる。

ボクはこの雰囲気が大好き。

調子に乗って、

やっぱりベトナムといえばアオザイだよね✨
民族衣装好きとしては、これは外せない!

ちなみに、ボクは海外旅行に行くときは、常にタイで買った民族衣装を腰に巻いている。
もちろん、この旅でも例外ではなく、世界一周中もずっと身につけていた。

金髪のせいか、キャラのせいか、
どうしたってチャラく見えるのは気のせいだろうか。



屋台で食べるものを物色。

本当は孵化する直前の卵「バロット」を食べてみたかったんだけど、売ってなかった。

仕方がない。

こいつで我慢しておこうか!

THE カエルの姿焼き(笑)



よく言われることだけど、鶏肉みたいで美味しいんだよ。
カエルは普通に美味しい🤤


でも、やっぱり食べるなら

フォーだよね✨

ベトナムに来て、これを食べないとベトナムを語れない。

あっさり味でおいしいんだよねー👍

朝は見知らぬ土地をぶらり散歩。

そして、ベトナムコーヒー。

こういったお店で飲むのもいいけど、ボクはやっぱり道端の屋台で飲むのが好きだな。

おばちゃんから

「あんたどこから来たの?」

「へー、日本から」

簡単な会話をしつつ、となりのおっちゃんから

「お前もお茶のおかわりいるか?
これはタダだから飲んでもいいんだよ」


ってススメてもらえる。


こういうのんびりとした中で、小さな優しさに触れるのって心地いいよね。

結局、どこに行っても大切なのは「人と人」なんだよね✨

意味がなくても、人生に最も大切なこと

ぶっちゃけ、
ボクはホイアンの歴史には興味がない。

日本人の朱印船貿易がウンタラカンタラ、そういったことを知りたいわけじゃない。

そんなことは、教科書に書いてあるし、ネットでググれば知識として学べる。


でも、この街の雰囲気はここに来ないとわからない。

何もわからない状態でも
「なんだか日本の夏祭りみたいだ」って感じることができる。


そして、楽しい&おいしい😋


それがなにより大切。


よく人と違った行動をとるボクは

「〇〇して何の意味があるの?」

「何のためにそんなことをしてるの?


ってよく言われる。


確かにその言い分も理解できる。
ボクも昔はそうだった。

意味のないことはしない。

やってもムダ。


そう思っていた。



でも、今は自信を持って断言できる。

その人が「やりたい」と思ったことは、他の人にとって意味がなくても、その人の人生にとって大きな意味を持つ。


だから、
「やってみたい」

「やりたい」


って気持ちを大切にしてほしい。

この気持ちを無視して、意味や効率ばかり考えると、昔のボクのように

「やりたいことがわからない」

って状態になって心が壊れる。


自分の「好きなこと」や「やりたいこと」がわからなくって、言われたまま勉強したり、仕事したりするだけの人生って悲しいよ。



ボクらはしあわせになるために、生まれてきた。


だから、やりたいことをやる!


やりたいことを叶えるために、学ぶ、そして努力する。



ボクはそれを子どもたちに知ってほしい。

ダイジェスト動画

じゃ、ばいやい☆

というわけで、
次は波乱のインド編!

ボクの夢がどんどん叶っていく。



▼▼▼▼「もっと勉強法を知りたい」という方はこちら▼▼▼


▼▼▼塾システムや料金についての詳しい情報はこちらから▼▼▼